武者修行 1

画像
前回の練習会から武者修行のつもりで練習会に参加して見た
心情は、自分の意思(経験)で考え走り、最初の3本以内でベストラップを出せるようにするで、
最近コーチに頼りすぎていると感じたからです
その第一弾が23日筑波ジムカーナコースの練習会でした

いつも現地到着が早すぎて待つことが多かった私、30分遅く出発するがそれでもオフシャルの到着時間だったようでぱらぱらとしか車が居ない、その後1時間で全員集合となり20台の参加者である事が判明した。
コースは午前と午後の2コース、で使用しているパイロン9本なので覚えるのもコースとしても中々面白いコースでした(コース図10月23日筑波に掲載)

前半のセクションは筑波では一般的なコース(自分の知る範囲で)でコース取りの方法では1速か2速か迷うところもあったが2速ののままで走ったほうが速いようで、2速でお尻を出しながら廻ったのが気持ちよかったです、後半は左回転のサイドターンが多く、自分的には右ターンの方が得意だったので、左ターンの良い勉強にはなりました

1回目:サイドターンにオーバースピードで飛び込んでいき、パイロンから離れて廻ってしまった

2回目:進入スピードは良くなったが1速へのシフトタイミングが速すぎるせいかサイドターンに入るまでに何ともいえない間が空いてリズミカルでない

5回目:進入速度とシフトタイミングは良くなりサイドを引いた時の廻り方が安定しない、

6回目:進入速度、シフトタイミング、ブレーキの残し方、サイドの引くタイミングを調整していくとここいらあたりから気持ち良く適度に廻るようになった、

8回目:ある程度安定したタイムが出るようになりました。
合計走行回数:13周

午後に入る前に何となく疲れたので、参加者の走りを見ながら昼ごはんを食べた
ふと思い出した事が
筑波ビキナーズに参戦した際
昼飯を食べる事が出来なかった、あんなに緊張したのは久しぶりで空腹感が無くやけにのどが渇いた事が忘れられない。

午後のコースが発表された、さらにテクニカルになった、最終ゴール前の36ターンはぜひとも決めたいと心に誓った、1時になりすぐに午後のコースに挑んだタイムは12回走った中で一番悪いタイムでベストラップより約2秒落ちであった
2本目:だんだんコースの周りの景色が見えて、あせる気持ちも薄れて来た何だか楽な気持ちになった来た、
n本目:そして走りを換えてもタイムは1’06”台から動かなくなった、限界????
12本目:最後の1本と決めた走るが、ガソリンの量が減ってくるとコーナーでストールする回数が増えてきたのでこの回で走行をやめた、その回のタイムは1’06”98でした


1回目:1’08”34 2回目:1’06”54 3回目:1’07”75 
5回目:1’06”76 6回目:1’06”217回目:1’06”70
8回目:1’07”47 9回目:1’06”93 10回目:1’06”31 
11回目:1’06”57 12回目1’06”98










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント