koyo練習会 2

画像
時は冬、夏のタイムと比較するのはおかしいのだが今回参加したkoyo練習会では、コーチから注意された事を頭に入れ本戦のように2本勝負で走った結果、1分切りのタイムが1本めから出た
驚きと、うれしさを抑えて2本目の走行、そして更に良いタイムが、1本目:59”80 2本目:58”72
今までに59秒台は有ったがそれは夏の事、11月に参加の時は朝から9時までは雨だったが路面が乾いた時のタイムでも1’02”台でショックを受けて帰った事を思い出した。

更に走行を続け 3本目:58”72 4本目:58”11 5本目:58”04 6本目:56”84

6本目のタイムは耳を疑い計時室にタイムを見に行った、間違いない56秒台夢のようなタイムが出た、タービン変えたカプチーノより速い????
私のカプチーノは遅くない事が立証された
でも私の運転にはまだミスが沢山あるのでその後の走行では 56秒台 が出せない(光電管計測なので計測ミスでは有りません、念のために)
気付いていた悪いところは
36ターンがパイロンから離れている
180度ターンでは大回りしている
ブレーキのタイミングのバラツキ
何処を直せばいいかわからないで9本目まで走っていた

7本目:58”52(2名乗車)8本目:57”92 9本目:59”44 10本目:58”17

11本目走る前にコーチは観客席から見てくれてたようで何処が悪いかと確認にとコーチが乗ってくれた、不思議な事にコーチが乗ると緊張して上手くいかない(かっこよくは走ろうとするのが原因)
が逆に悪いところがありありと出て指摘された、特にサイドブレーキを引くタイミングが遅い事を指摘される、11本目のタイムは記録をとり忘れ残っていないがひどいタイムだった事は事実だ
そして、コーチから1本走行権利をを譲ってもらい走るが気持ちは早く引きたいがタイミングがつかめずに午前中は不発で終わった。

午後のコース図(写真)を見て欲しい
サイドを引く場所がすごく多いい事が分かる、2、1、5、9、13、12がフルにサイドを引く場所になるが私は3、5、13,12のみにて走行して見ました、午前中注意された事を心に踏まえて

1本目:1’14”18 2本目:1’15”32 3本目:計測ミス 4本目:計測ミス(風で計測機がずれた)

注意された事が修正出来てきてパイロンに巻きつくような走りが出来てきてタイムが良くなったはずだが計測ミスでタイムなし

5本目:1’12”24 6本目:1’10”57
放送で聞こえた時は1’9”57と聞こえたので、車の中でガッツポーズで喜んでいた誰かにこの喜びを・・・・・残念な事にコーチは見ていなかった
そして最後の走行では3番パイロンターンでオーバースピードでパイロンとお見合いをして沈没
7本目:1’17”04 最後にフリー走行で1本走行出来たが片付けに入った。
昔は30本走れたが今は10本位走ると満腹になる、集中力上がったのかな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント