通勤快速とジムカーナ車 4

年式による中古価格リストの作成から始めた、生産開始は平成3年、一番生産されたのが平成4年そして、エンジン形式が鋳物ブロックからアルミブロックに変更されパワーアップされた事がわかった、最近はアルミエンジンが主流だが鋳物シリンダーは魅力的で耐久性もあるので前期型を選択する事にした、購入年式は平成4年から6年までの物件をリストアップしていく内に、専門店より一般店のほうが安い事を発見、購入金額を乗り出し価格60万から70万の間、走行距離も5~6万kmで絞り込んで半年が過ぎた。
GOOのホームページに群馬のお店で車両49万、乗り出し価格59万の物件を発見
早速電話をして状況を確認後、仕事帰りによってみた、雨上がりで水銀灯の下が初対面となった第一印象は輝いていた、その中で気になったのはワイパーアームの塗装のやつれ、リアーガラス下のカバーの塗装のやつれ、脱着式の屋根の塗装の老化であった、気にはなったが後日試乗をさせてもらう事を約束してその日は帰った(約1時間の下見でした)

1週間後
試乗をしに群馬県まで1時間の距離にある中古車店に向かった
お店ではすぐに試乗が出来るようにお店の出入り口に移動され、きれいに掃除されていた、第一印象の綺麗さではなく年式相応の車で屋根を除く部分の塗装はやけに綺麗であった
今になって考えると、暗いパブで知り合った彼女に一目ぼれして、昼間あったが印象が違うって言った感じでしょうか、欲しくてしかたない気持ちがあばたもえくぼ状態で試乗しても見極められるわけがない・・・・・・・・

試乗結果
エンジンは快調でした、エアコンを駆けると低回転は重い感じはやはり軽なのでしょう、以前にミラターボ550に乗っていた時、エアコン付では遅いし走らないので、エアコンなしを買ったくらいだった事を思い出しました。

ブレーキ: 強烈な利きでした
クラッチ: だいぶ減っていて交換する必要ありか?
ミッション :多少音が出ているがクラッチリリースベアリング交換でOKと判断
CDチエンジャ: 壊れている
シフトノブ: ぐるぐる回る 無償交換
塗装: リアーガラス下のカバー、ワイパーアーム 無償塗装 屋根は有償でという事なので自分で塗装してみるかって事であきらめる
走行距離: 59000km
年式: 平成4年で11年落ち

結果:こんなもんでしょで、 即契約してしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント