2009年筑波第3戦参加 2

8時となりドライバーズブリーフィング開始

画像

何時も元気なボンバー山本さん

今回は1本目練習、2,3、が本番のルールは変更なしで完熟歩行となった
外周ぐるぐる、その後のテクニカルでの小回り、フリーターンのリズムは走りやすく
ラインは無理に小さく走らない、サイドはフリーターンで1回引くだけと決めて走る事にした

試走、前半ゼッケンの走りを見学後、車に戻りサイドブレーキの調整
エアー圧は後輪を少し高めに設定し、フリーターンの失敗を恐れたからだ
目の前の車がスタートラインへと向かった後10分もしないうちにスタートラインへ進む事になるが
コースはちゃんと覚えているのか不安が走り、脱力感から腕を上げる事もだるく感じた
画像


落ち着いた頃スタートラインへと進んだ
何時と同じく前走車の走りは見ないで頭の中でコースをトレースしていた
さてスタートすると、コースを探りながら走行
ふと前を見ると3本パイロンを巻く前に奥にあるゼブラのパイロン(5)を一瞬見失い迷った結果
59秒台で練習走行は終わった。

その原因は、やはり目線8,7,2パイロン通過後の目線はゼブラパイロンの
その奥にあるオフシャルのテントを目標としようと決めた

後半ゼッケンの走行を見た後車の中でゆっくりしようと思ったが、気温が上がり暑くなってきた

画像

本番1本目の走行

大きなミスは無かったが、小さなターンではアンダーを出してしまったのが残念と感じた
生タイムは58秒21 生タイムならクラス2位のタイムトップは57秒台なのでまだまだ頑張らないといけないタイム
だが、1.5秒のハンディーを足すと59秒71で6位タイム

2本目は生タイムで57秒前半まで頑張ろう
このままだとビリの可能性もあるから


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント