ワイワイジムカーナー参戦記

ずいぶん昔の話になりましたが参加の足跡残しです
11月29日の出来事です
昔のKカースペシャルジムカーナメンバーの呼びかけで参加して来ました
参加イベントはワイワイジムカーナ2009です
クローズドでの参加なので、Kカーで1クラスでの参加、参加台数は20台近く
そしてKクラス以外の参加台数は40台位で、ラリーカーのクローズドクラスが1クラス有った
このラリーカーのクラスは1台で4人の参加で年式は古い

そして手渡されたコース図は世界の新井と言われるラリーストが製作したもの
新井選手の前走でスタートしたが、ほとんど横を向いて走っていた事が印象に残った。
ぶつかる可能性が高いからとガードレールにはクラッシュパッドが置かれていた

画像


今回の参加者の中で一番元気だったのがラリースト
本番1本目の走行はクローズドクラスが最後の走行で、1台でダブルエントリーをしているラリー仲間の走行が私たちのクラスの中にまぎれるように走行が開始した

ワイワイガヤガヤと緊張感が余り無い状況で、私の前にラリーカーが走行することになった
緊張するなかゆっくりとスタートを開始、過大なホイルスピーン、後ろに白煙が・・・
何だか判らないまま再度クラッチミートして走行を続けゴールをした。
パドックにもどりスタートラインを見るとオフシャルによって石灰を撒いていた

ラリーカーがスタートラインの近くでオイルを撒いていたようだ
オイルの撒かれていた所から考えるとスタートの光電管を切った位置でホイルスピーンをしていた事になる
再走するものと思っていたがそんな事は無かった、ワイワイジムカーナーだから、クローズドクラスだから
それでも走行タイムは公式記録として残るわけだから何だか割り切れない
このラリーカー車を交換して参加していましたが
その後もオイルを撒いていたようだ

画像


今年はろくな事無いななどと思いながら車の中で2本目の走行を待つ事にしたが
集中できない自分に何となくもどかしく感じていた

2本目の走行ではスタートライン前にオイルがこぼれている事を発見オイルを踏まないようにスタートラインに付いた走行中はライン取りに注意しながら走行気持ちよく走る中、ふと目線がずれた時に目の前に見えたパイロンで迷い
右通過のコースを左側通過をしてミスコースとなり、この日のイベントは終わった

早々に片付けをして帰りたい気持ちだったが、表彰式、ジャンケン大会に参加してから返って来た。
ジャンケン大会では立派な花火をゲットしたが、この花火
打ち上げ花火のセット
どこで打ち上げたらいいのでしょうか?
こんな花火でも、帰り道では気持が晴れていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント