筑波ビギナーズ第6戦参加

開催日は9月12日
まだ暑い日が続いているので暑さ対策で
タオル2枚と、アイスノン4個と首に巻くタイプのアイスノンを準備した(以前に商品でもらった物)
氷でいっぱいになり飲み物があまり入らないので現地調達することにして5時15分に出発

現地に6時45分に到着したが、ほとんどの人が到着済み
そこで最初に受付を済ませることにした

受付ではコース図とプログラムと参加賞が渡されたが通例でしたが、参加賞がない
そういえば前回も参加賞は無かった・・・

袋の中からコース図を取り出して見ると

今までとだいぶ違うコースだ
画像


スタートしてすぐの36ターン、テクニカルのジグザグのスラローム(司会者はいろは坂と言っていた)
と2度目の36ターンでこのターンが曲者だ

そこでリアータイヤの空気圧を高めにしてサイドターンがしやすいように設定して車検を待った


画像


8時になってドライバーズブリーフィングが始まった
いつもと同じ話だったが最後に表彰式後に重要なお話がありますので、早めにお帰りの方は事務局に寄ってからお帰り下さいとの話が有った、良い話では無いことはすぐにわかった。

続いて、完熟歩行

一番の鬼門はサイドターンの箇所だが最初から逃げるわけにも行かないので
サイドターンでいく事にした。
今回のコースの良い所はサイドターンで小さく廻らなければならないところは無く
グリップでもしっかり廻れる余地が残されている事
それでもタイムを出すには最低2回サイドを引く事になる

ゼッケンは38番

練習走行が開始された、ゼッケン10番まで観戦してその後、準備をしながらスタートを待つ事にした

今回の秘策は首巻アイスノン、その効果は
ゴールするまですっきりした状態で走り切る事が出来ました

それでもライン取り13,14,15,16パイロン間と2度目サイドターン17パイロンの失敗の課題は残りましたが、それほど悔しくはありません練習走行ですから

そしてゴールタイムは1’03”代でまったく勝てるタイムでは無い・・・・・

天気は ?
ピーカンなわけではないのですが、それにしても暑いです
8月の暑さよりは涼しいのかもしれません、冷房に慣れた体には苦痛です
そして、テントの下で傘を差しながらペットボトル3本目に手を出していました。

本番までに攻略法を考えなければ・・・・・
今回も同じカプチーノ乗りの○崎さんが参戦しているので、デジカメで動画を撮影
走りを何回も見ながら勉強しました。

筑波ビギナーズ第6戦参加 2に続く



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント