筑波ビギナーズ第6戦参加 3

本番2本を走行してしまうと後は帰り支度と後ゼッケンの走行観戦となる

つなぎの胸ポケットに入れて置いたアイスノン2個と首用アイスノンは、1本走行終了後にはほとんど解けていました

画像



ビデオ撮影

同じカプチーノ乗りの○崎さんは私より4秒以上速いタイムを出しているので、どこが違うのか
今回はビデオを撮り、自宅に帰って分析です

いつもはそんな気は起きないのですが、今回は思い道理に操れた事もあり
そんな気になったのでしょう

ペットボトル5本目を飲み干して買出しに

主催者が熱中症対策で準備していたペットボトルが130円から100円に値下げしています
それもタイムサービス中でした、ウーロン茶2本購入後掲示板のリザルトを見る事にした

掲示板には、練習走行タイム、1本目タイム結果、2本走行暫定結果、最終結果の4枚が
順に重ねて掲示されています、他クラスの最終結果を見ながら、参加クラスのSFAの結果を見ると一番上に私の名前が書かれている?
 ゼッケン順の掲示? なぜ 練習走行タイムの掲示が一番上になっているのか?なんて思いながら

よく見ると見出しには最終結果と書かれていました。


今回の結果はこうです

SFAクラス参加台数8台、後半ゼッケンにはハンディー2秒持ち1名、1秒持ち1名、パイロンタッチ2名がいたのです

1分9秒台でなければ入賞出来ないと思っていたから本当にラッキーな優勝ってことになります

この日の運のよさはこれだけでは有りませんでした

賞品授与でウインマック賞が当たりました、ジムカーナ用のフロントパッド1セットです

その後にも、じゃんけん大会でTRDキャップをゲットするなどいい事ずくめでした。



授賞式もすべて終わり、筑波ビギナーズ主催者からの重要なお話が始まりました

私たちにとって大変重要なお話です


筑波ビギナーズは今年を持って終了しますとの告知、なぜ終了するのか話を聞いていても良くわかりませんでした
このような話は前から出ていたそうです
参加者が100台以下になったら止めるという話は前から有ったとか無かったとか
そういえば今回のCOクラス(初心者クラス)ではコースタイム2分以上で走るインプレッサがいたり、書類が出来ましたの呼び出しが有ったり、これってA級ライセンスを取るための参加者が数名入れていたようなきがします。
そして、100名以下にしない努力をしていたのではないでしょうか。

全戦参加者に渡される1回無料券、ご褒美のTC1000と豪華なイベントだっただけに残念です

今年の全戦参加者の無料券は来月の最終戦無料券として送られて来るようです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント