改造部品取付作業開始2

前回加工した部品も長穴だけではねじが緩むと動いてしまうといけないので長穴に入れるスペーサーを製作
12φのパイプを切って製作、微調整はヤスリでゴリゴリ削って3時間かかりました

画像



ネットで購入した部品は2日で届き、休日をまって作業開始


作業開始から10分もすると、タイロッドアームまでたどり着きますが
購入したタイロッドエンドリムーバーを取り付けるためには、キャリパー、ディスクローター、ローターカバーまで外さなければなりません

写真内、足元のドライヤーは暖房用です、こんな物でも寒さが十分にしのげます

画像


外れたので前回外せなかったタイロッドにタイロッドエンドリムーバー工具を取り付けます

画像


ゆっくりと閉め込んで行くが変化なし、何となくどきどきしながら、もし取れなかったどうしようと不安を残しながら
ハンマーでたたいてみる事に、徐々に力を入れていくとバキという音と共に外れました、大きな音がするのはわかっていてもやはり驚きます。

左右の交換が終了したら次はトーインの調整です
その前に、スタビライザーの固定用ブッシュの固着を確認、そこでブッシュとスタビライザーの接触面にシリコングリスを塗りました、その部分の写真は取り忘れました。

画像

レバー比があるので片側2mmずつタイロッドの長さを長くする方向に調整する、ねじピッチから推測すると左右で約2回転左廻しさせて計測してみると、ほぼ基準値になった

アライメント調整用冶具は2年前に製作したものを使用
スケール取り付け側 写真ぼけているし・・・
画像


スケール先端引っ掛け側
画像


最終的に前後寸法差がゼロになるように調整して作業終了です

試乗してきました
そして、サンターラインスラロームでテスト
応答が速くなり、5~10km以上速くても追随していけます

見た目はこんな感じで、ちょっと見ではわからないかも知れません
変更前
画像


変更後
画像


今年の練習会最初は会社の練習会になりそうなので、2月の中旬まで結果はお預けです。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント