再度取得のB級ライセンス

JAF公認のICCイベントに参加した際に発行してもらった講習終了印で
再度Bライセンスを取得できました。

家族いわく、取る必要あるの?
お金いくらかかるの
昔に取得したのに使えないのなど色々な質問があり、確かにと
あきらめていたのですが

やはり、きっかけって必要ですね

昔の取得は学生の時、1日でB級、A級とライセンスを取得しました
アルバイトでせっせとお金をためて(時給200円)、2万近くの費用がかかりましたがこれでも安い方だったと
記憶しています

今ではA級まで取るのにいくらかかるのでしょう?



さてこのB級ライセンス取得までに色々と試みた事があります

去年までは、Bライセンスは筑波ビギナーズに参戦して帰りに講習終了印をもらえばいつでももらえると高をくくっていました、筑波ビギナーズが終了するって事で、最終戦で講習印をもらう予定がミスコースの嵐で完走できず、講習終了印がもらえませんでした。
これって運命なのでしょう、とあきらめましたが、クローズド競技って少なくなりました。


そこで、今年は講習印がもらえるイベントを検索して見ると、有りました有りました

平塚青果市場で行われている5月29日のイベントです、参加費も安く、練習走行+イベントです
早速に申し込もうと思いましたが、ICCのイベント参加後にじっくり考えようと止めました

気になった事があったからです

参加資格の項目にマフラーの音が大きい車、触媒の無い車と書かれていたからです
平塚青果市場のパドックは屋根付、何となく想像付きませんか排気ガスがたまると臭そうです。


さて、ライセンスの申請で会社を休むのか?

どうすればいいのかと、ネットで検索すると
JAF入会してから、ライセンスの申請が手順のようです

そこで、ネットでJAFに入会手続きを済ませました
ネットで入会して支払いをクレジットカードで支払うと脱会手続きをしない限り永久会員です

その後ライセンスの申請は郵送で出来るようなのですが、詳細が記載されていない
そこで、電話で郵送先を聞き出し現金書留で郵送しました



3日後、仮のB級センスが送られてきました


これで晴れてJAFメダルがもらえる競技に出られるのですが
入賞するためには後3秒速くなる算段をしなければなりません

その前に今年の車検で触媒を交換します









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント