エアコンでパワー不足?

毎日暑いですがお元気ですか?

オートバイの通勤でも暑さに我慢できなくて、車でエアコンを入れて通勤です

オートバイなら涼しいかというと、何キロで走っても涼しく感じないこの暑さ

逆にゆっくり走った方が涼しいかも知れません

さて、エアコンを入れて走ると牙を抜かれたかのような走りになり、何だかエンジンの音も気持ち良くありません
現在はー10°の調整になっています

そこで、この夏休みに点火時期の調整を再度試みました
基準点火時期は950rpmで-5°
ここで問題があります、アイドルアジャスターでエンジン回転が1100rpmまでしか下がりません
(触媒が壊れていた時は、1200rpm~1500rpmの間でした)

だったらこれ位かで10度位に調整していました
この状態で印を残し

続けてエンジンを回したまま点火時期を5度方向に動かして行くとアイドリングが下がっていき1000rpm位に

そこで、5度の位置で固定して走行確認です

一面田んぼの道が私のテストコースで1周しながら確認します

ブーストの上がりが遅い、アクセルを一生懸命踏み続けていると加速していくって感じ、これでは使えませんね

次は、7.5度で調整です
最初の位置10度と5度の位置の真ん中で調整
アクセルに加速が付いてくるように走れるので、やはり点火時期は早目が良いようですが早めの度合いのさじ加減が難しいです


昔、自動車関係の方と話していたとき、点火時期を早めに設定していくとパワーは出せるのですが、メカ関係の人が嫌がるって話を聞思い出しました。

そうそう
デストロビューターを固定しているネジは特殊ネジなので緩めるのにお金がかかるのと
1mm動かすと2~3°動きます


調整してから数日間テスト結果はGoodでしたが
触媒が壊れていたころからすると、ずいぶんアクセルを踏む量が多いようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント