久々の更新で車検での話し3

朝から作業を開始

1. ワイパーアームの塗装
2. ワイパーゴム交換
3. ディスキャップ点検
4. ローター点検清掃
5. ハイテンションコード清掃
6. プラグ交換3本
7. フロアーマットストッパー製作
8. オイル交換(カーショップで)
9. クーラント交換(自宅で)
10.点火時期調整
11. フロントパネル再塗装
12. ワイパーリンク部点検注油
たっぷり愛情をかけた分走りもさらに良くなったが
簡単に作業が出来たわけでは無かった

プラグ交換
プラグを外すにもプラグが外れるまで固く,ヘッドのネジがだめにならないかと心配しながらCRCをかけながら
ゆっくりと外した

クーラント交換
クーラント交換では、よく見ると白い粉がたくさん出てきたのでびっくり、アルミが粉になった物のようだ
心配になりラジエターの中を確認すると錆やごみが詰まる事無くきれいな事を確認出来て一安心した

クーラント交換に要する費用は1000円以下なので定期的に交換したほうがよさそうだと感じた。
交換後にヒーターレバーの位置を見てどきとした、ヒーターライン閉のままでした。

点火時期調整
手順書とタイミングライトを準備して作業を開始
以前に調整した時はアイドリングが1200rpm以下に下がらないのでそのまま調整確認を行い-5度に調整した。
今回はアイドリングが正規の回転数で調整出切るので点火時期を確認すると、-3度
そこで色気を付けて-7度に調整して走ってみると、4000rpmは気持ちが良いが、下が少しもたつく感じで
エアコンを入れると非常に扱いにくい状況になり、定速でエアコンを入れるとアクセル一定でも勝手に加速減速を繰り返す現象が出ました、そこですぐに正規の-5度に調整するとその現象は出なくなり、3000rpmからアクセルに合った動きをするようになり

練習会に行きたいなと思うようになり、その時クラッチの慣らしは300km位はして欲しいとショップで言われた事を思い出した。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント