サイドターン克服1

サイドターン克服1

この数年間の記憶で、サイドターンが気持ちよく出来たのは
今年5月に参加した関越スポーツ主催の月例練習会
そしてコースはこれ
画像


サイドの引きどころ多数ですが、グリップ走行で我慢して午前中を走行
午後はオーバースピードぎみに侵入して、強めのブレーキにサイドを引いて気持ちよく廻れた記憶が
鮮明に残っており、今のサイドブレーキのロック状態では低速のダブルフリーターンなどうまくいくわけもなく
最短でもサイドロックするようにするのは

1. 強力なパッド
2. 腕力強化
3. サイドターンの再度の習得

さて一番簡単な(お金で済む)強力なリアー用パッドから模索してみました。

現在使用しているのが、ウインマックスのZELOS GR2
このパッドとの付き合いは長く10年近くになる
当初は無敵だったが、タイヤが太くなり、インチアップして、さらにグリップが上がったので
路面ミューが高いと失敗サイドターンの連発となるので、リスクを避けて グリップで廻す 、 リアースライドなどをして競技に参加してました。


ウインマックス GR2:摩擦係数 0.49~0.53  ロースチール 常温~550℃
          GR3:摩擦係数 0.48~0.50  フルメタル   常温~500℃

材質がフルメタルはどうもってこともあり、また上記データから摩擦係数の大きいGR2を選択して購入3回
他の人に何を使っているのか聞いても、私と同じものを使っている人はいませんでした。

やっぱりフルメタルですかね?

そこで、現在ネットで購入出来るものを検索するとありました

プロμのHC+:摩擦係数0.43~0.58 スーパーグラファイトメタリク 15,750円 0~800℃
 
買って見る前に、ネットで調べてみると
初期制動が緩やかなようです、この数値から勝手に判断すると温度に比例して
μが上がるんだとすると、ジムカーナには厳しいかな?



とりあえずお金を使わないで出来る方法を模索しようかな?









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント