2009年筑波第3戦参加 3

本番2本目の前に慣熟歩行
コースは完全に頭に入っているので、すたすたと歩いていたが
同じカプチーノに乗っている人と歩いていて、歩くラインが違う事に気がついた

私: このラインですかね?
Aさん: 私は小さく廻ったほうが有利だと思いますよ
確かに、舵が小さくなるラインで走ると弧が大きくなるのでその分スピードを出すと
アンダーが出ていた事が気になっていたので小さく廻ろうと決めた
3本パイロンの360度は特に注意する事にした

2本目の走行前にぱらぱらと雨
天気は下り坂のようだ

私のスタートはドライでスタート
そして気持ちよく走り後半セクションの3本パイロンを巻いてフリーターンの参道(ボンバー山本がそういっていた
へ入る前にいらない事を考えていた
「ここまでミスが無く気持ちよく廻れたぞ」ここで喜んでいてどうする

ここで集中力と目線がずれている事に気付いた
結果3本パイロンを廻りすぎて方向転換のタイムロス

諦めて走行を止めようか

いや諦めないで走ろう

その後も順調に走り、走行タイムは1分7秒
10秒も迷っていた事が明らかとなった
そして最終結果は1本目のタイムとなり

画像


そして1本目のタイムだとビリ???

いやいや、私より不調な人がいたのでビリは免れました。

早速に荷物片付け終了1~2分後に雨がザーザー降り始め、後半ゼッケンは午前の1本勝負となった。


今回の成果は
ハンディー1,5秒の返却とポイント3点
3戦で23ポイントとなった、このままだとシリーズに絡める可能性は非常に少ない


"2009年筑波第3戦参加 3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント